ふくしま地域産業6次化サポートセンター

お知らせ
「みんなでつくる ふくしま6次化物語」第1話のお知らせ

2017.08.09

6次化事業の振興を願って、新しい取り組みはじめました。

その名も、「みんなでつくる ふくしま6次化物語」です!

※「みんなでつくる ふくしま6次化物語」とは・・・
6次化事業で一番むずかしいと言われる販路開拓。「開発した商品の感想を集めたい」「自社の強みや弱みを知りたい」などのリクエストにお応えするため、作り手と売り手が協力して”売れる6次化商品”を創り出すテストマーケティングの取り組みを「みんなでつくるふくしま6次化物語」と名付け、今年度から実施することとなりました。


第1話は、伊達市にある協同組合霊商スタンプ会とのコラボレーションです。

霊商スタンプ会の販売施設において、買い取りでのテストマーケティングが可能となります。販売にあたっては、アンケート調査を実施いたしますので、商品のブラッシュアップにぜひご活用ください。

参加にあたっては、下記の通りコラボレート説明会を実施いたします。参加無料です。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

※この事業はこれから第2話、第3話と続けていく予定です。そちらもどうぞお楽しみに!

******************************
「みんなでつくる ふくしま6次化物語」第1話
霊商スタンプ会とのコラボレート説明会
日時:平成29年 8月25日(金)15:00~16:30
会場:コラッセふくしま 501会議室
内容:各出演者・出展商品の紹介 情報交換など
※出展希望商品をお持ちください。
※下記より申込用紙をダウンロードし、Faxにてお申し込みください
http://www.chuokai-fukushima.or.jp/system/index.php
******************************

・出演者紹介
協同組合霊商スタンプ会(りょうしょうすたんぷかい)
伊達市霊山町の中小小売業者などにより組織され、地域内スタンプカード「霊商スタンプ」の運営を行っています。震災後、地元で営業していたスーパー2店舗が相次いで閉店したことをきっかけに「地元のお年寄りに再びお買い物の楽しさを味わってもらいたい」と、組合事務所内で組合員が取り扱う品物の販売を開始しました。これが好評を得ていることから、このたび店舗をリニューアルし、品数の充実を図ります。そこで、県内各地の6次化商品を置くことで、当店舗から県内6次化商品の発信ができればと思っています。

1.お店の特徴
・利用者の80%が60代以上
・月の平均利用者は227.9人
・平均客単価は1,000円~2,000円
・野菜や和菓子、洋菓子は取扱いあり

2.取引条件
・注文した商品については全て買い取り
・買取価格は原価率70%程度を目安に応相談
・不定期注文、注文方法(FAX、メール等) 
 については応相談
・発注単位5個~50個(送料はメーカー負担)
・冷蔵設備なし(冷蔵商品については応相談)
・取扱開始10月8日~

3.希望商品
・賞味期限が1週間以上のもの

※酒類の販売はできません