ふくしま地域産業6次化サポートセンター

フリーワードと条件で検索

種類

分野

ビジネスプランナー

プロダクトデザイナー

セールスアドバイザー

県内の農林水産物の生産

農林水産物の加工

農林水産物や加工品の流通

農林水産物や加工品のマーケティング

農政や食品安全等に関する法令、制度

経営管理

輸出

ICT

観光

バイオマス・再生エネルギー

ブランド戦略

デザイン

その他

木村 正晃(きむらまさあき)
所属・役職:アグラットリア 代表
ビジネスプランナー ・ プロダクトデザイナー農林水産物の加工 ・ 農林水産物や加工品の流通 ・ ブランド戦略 ・ 農林水産物や加工品のマーケティング ・ その他
専門分野の詳細 ●生産・加工現場から流通、販売現場、食のイベント、メニュー開発、マーケティング。
●多くの経験に基づいてのコンサルティング、差別化されたブランド構築や商品プランやメニュー作り。
●農水産物の6次化プランも多く手掛けています。
過去の活動実績 新潟県で、初めての野菜ソムリエ。日本大学農獣医学部卒。
紀ノ国屋インターナショナル青山店、ネスレマッキントッシュ株式会社などを経て独立。
野菜の通信販売事業を展開したのち、07年1月には、新潟在住の野菜ソムリエを組織した「ベジフルコミュニティ新潟」(同協会名称変更に伴い、「にいがた野菜ソムリエコミュニティ」に改称)を設立、初代々表に就任。
その後、食・料理・食育の講演を多数開催、多くのメディアに出演、出稿。食料自給率1%アップ運動フードアクションニッポン応援団、新潟県新発田市「しばた食の循環応援団」に任命される。
イタリア料理「トラットリア アー・アッラ・ゼータ」の野菜ソムリエとして活動後、新潟の食を愛し、広めるべく越後系料理研究家として活動。
2004年より村上市「うんめもん大使」を拝命。
2014年には福島県西会津町開催された森のはこ舟アートプロジェクトにて「森の食文化ワークショップ」を開催、ワークショップは台湾の台北市立美術館でも展示、紹介される。
著書 ◯出版物
料理フリーペーパー「ぽるたーた」
新潟県村上市「食の聞き書」
◯主な協力出版物
奥田政行の食材スーパーハンドブック 小学館
伝統野菜・全国名物マップ―からだにおいしい野菜の便利帳 高橋書店
資格 アクティブ野菜ソムリエ
●食と料理の研究家
●6次産業化プランナー
●フード&アグリ・フォトグラファー
●ふくしま6次化イノベーター
●にいがた産業創造機構(NICO)専門家
●新潟商工会議所 エキスパートバンク
●シェフ・パティシエ専門学校 特別外来講師
●アグリパーク「食品加工支援センター」講師
●Food Action Nippon 応援団
●しばた食の循環 応援団
●村上市うんめもん大使
●ふくしま応援シェフ
●農林水産省「食のオフィシエ」